ジャーナリズム研究会は雑誌『リトマス』を作成、発行している中央大学のサークルです。
『リトマス』の発行は入学式、夏季休暇前、学園祭、冬期休暇後の年4回です。
サークル棟入口、Cスクエア入り口、各学部事務室前、食堂2Fにて無料配布しております。
また、新入会員を常に募集中です。中央大学の学生であれば、学年は問いません。
自らの手で雑誌を作る、ということに興味がある方は、右記のメールアドレスへご一報ください。
取材・広告などのご相談もお待ちしています。お気軽にどうぞ!

2005年08月07日

大人

今年の高校野球で高知県代表の明徳義塾高校が大会出場を辞退した。外部から野球部内の喫煙や暴行を告発する投書が高知県の高野連に届けられたことをうけての辞退らしい。
 事態を深刻化させてるのは、監督が事実を知りながらもそれを隠そうとしたという疑惑である。強豪校である明徳義塾野球部の監督の立場が内々に不祥事を済まそうとさせても不思議ではない。監督は引責辞任をすることとなったが、疑惑は今後の高校野球の運営に大きな影響を与えるのは必至である。中高生の喫煙、部活動の上下関係など一筋縄ではいかない問題を内包しているからである。
 この影響を一番大きく受けているのは、おそらく出場をする予定だった部員であろう。日々の過酷な練習の末につかんだチャンスを手放すのである。加えて、中には直接不祥事に関わっていない部員もいるだろう。しかし、体裁は整えなければいけない。事実を早めに公表して、それをバネによりよいチームへと成長できたかもしれない。しかし、判断するのは監督でありその方針は絶対である。
 ずるい大人にはなりたくないと、誰しも青年期には思うことがあるだろう。時に、大人社会の理不尽は少年少女を失望させる。そして、少年少女は決してこんな大人にはなるまいと誓う。だが、いつのまにかあの大人になっている自分がいることに気がつく。こうして時は流れてゆくのだ。
posted by J研メンバー at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大人にきび
Excerpt: にきび治療ねっとでは、あなたのにきび治療を応援しています。
Weblog: にきび治療ねっと
Tracked: 2006-05-11 22:07