ジャーナリズム研究会は雑誌『リトマス』を作成、発行している中央大学のサークルです。
『リトマス』の発行は入学式、夏季休暇前、学園祭、冬期休暇後の年4回です。
サークル棟入口、Cスクエア入り口、各学部事務室前、食堂2Fにて無料配布しております。
また、新入会員を常に募集中です。中央大学の学生であれば、学年は問いません。
自らの手で雑誌を作る、ということに興味がある方は、右記のメールアドレスへご一報ください。
取材・広告などのご相談もお待ちしています。お気軽にどうぞ!

2005年11月04日

不当逮捕

ルポライターとかノンフィクションライターになりたい!
と思ったことは特別ない。

しかし、本田靖春氏の「不当逮捕」みたいな本を読んでしまえば
話は別である。この本では、本田氏の先輩であり、
読売新聞社会部のエースであった立松和博記者の栄枯盛衰が描かれている。

特に「誤報」を発してからの立松の記者としての堕落、
人間としての堕落。その人物描写は群を抜く。そして切ない。

まさに20世紀ノンフィクションの金字塔的作品である。

やはり、今の時代に求められているのは上質なルポルタージュ
なのかもしれない。Factだけを積み重ねることで自分の主張を
訴えられる記者になりたい。
指導的ジャーナリストや評論家かぶれのジャーナリストなんか
まっぴらごめんだ。


☆今日の1曲
Neil Young / A Man Needs A Maid
posted by パンクSAMURAI at 11:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。