ジャーナリズム研究会は雑誌『リトマス』を作成、発行している中央大学のサークルです。
『リトマス』の発行は入学式、夏季休暇前、学園祭、冬期休暇後の年4回です。
サークル棟入口、Cスクエア入り口、各学部事務室前、食堂2Fにて無料配布しております。
また、新入会員を常に募集中です。中央大学の学生であれば、学年は問いません。
自らの手で雑誌を作る、ということに興味がある方は、右記のメールアドレスへご一報ください。
取材・広告などのご相談もお待ちしています。お気軽にどうぞ!

2007年04月03日

披露&新歓祭

リトマス66号が完成しました! 表紙はピンクを基調にしたものですので、目にとまりやすいと思います。明日より各学部事務室やサークル棟で配布いたしますので、ぜひ手にとってお持ち帰りください。


そしていよいよ明日は入学式。天気はあやしいですが、ハレの日に変わりはありません。ご入学おめでとうございます。

入学に合わせ、明日からの1週間は中大の新入生歓迎祭です。ジャーナリズム研究会でもペデ下の3号館から2号館のエリアで出店し、サークル活動を詳しくご紹介します。今年は毎日出店の場所が変わりますが、黒地に黄色の看板が目印です。
10時〜15時半の間、J研会員があなたに会うべくお待ちしています。編集、デザイン、記事、雑誌、『働きマン』などなど、少しでも興味があればどうぞお立ち寄りください。



_____________________________________


<はじめての方へ>

ジャーナリズム研究会は雑誌『リトマス』を作成、発行している中央大学のサークルです。現在、新2年生を中心に活動しています。常時新入会員を募集中です。中央大学の学生で、編集、デザイナー、コピーライター、記者などの仕事に興味がある方はどうぞ右記のアドレスかコメントでご一報ください! もちろん、新入生、在学生を問いません。お気軽にどうぞ!
posted by QED at 01:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

お知らせ

ひさびさ過ぎる更新です。まさか、年をまたいでしまうとは、ご愛読のみなさまには大変な失礼をいたしました。今日からは心を改めて書いてみようかと思います。

今日はエイプリルフールの1ヶ月前です。

さて、そんな1ヵ月後には皆様の手元に行き渡るはずのリトマス66号(新歓号)は目下作成中でございます。次号の掲載記事は、


・毎年恒例、知っ得講義コレクション!

・ありそうでなかった、中大周辺ラーメンマップ堀之内編!

・「ペデ下」ってどこ?、裏トマスは中大用語特集(仮)


などなどを予定しています。新入生の方から在学生、はては教授までもを対象にした記事を取り揃えました。リトマス66号、乞うご期待ください。では、また。

______________________________________


<はじめての方へ>

ジャーナリズム研究会は雑誌『リトマス』を作成、発行している中央大学のサークルです。現在、新2年生を中心に活動しています。常時新入会員を募集中です。中大の学生で、編集、デザイナー、コピーライター、記者などの仕事に興味がある方はどうぞ右記のアドレスまでご一報ください!もちろん、新入生、在学生を問いません。お気軽にどうぞ。
posted by QED at 02:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

最新65号、配布開始!

Litmass65号がついに出ました!
各学部の事務室前の資料置場、食堂2階、サークル棟入口に置いてあります。是非ともお手にとって頂きたいです。m(_ _)m

内容についてですが、今回は編集時間が満足に取れませんでした。そのため、文章校正がおろそかになってしまい、読み辛い点も多々あるかと思います。次回の新歓号ではこの反省点を踏まえ、万全を期して発行したいと思っています。

ご意見、ご感想等お待ちしています。

P.S 65号(P29)にも書かれていますが、まさに今放送中の「ドーハアジア大会2006 サッカー・男子予選 日本×パキスタン」に、中大サッカー部の辻尾真二選手がFWとして出場、活躍中です。応援しましょう。(^ ^)/゛゛
posted by BSC at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

会議と日曜大工

会議で来年度の引継ぎ等が決定しました。僕は「会計」という大役を担う事に。
今年は年3回の発行で終わってしまったLitmass、来年は発行回数を増やしたい所。予算のやりくり、ご期待下さい。

そして、今後の予定をご紹介。
1.ジャーナリズムという名前に負けないため(?)、定期的に勉強会を行う。
2.雑誌編集にあたって、スキル向上のため色々と技術を学ぶ。
3.『働きマン』を有効活用し、来年の新歓ではがんばる。

現在のJ研:Litmass設置台をリニューアルします。次期編集長が設置台の補修に勤めていますが、所詮素人。うまくできそうにありません。自分が直すと言い張っていますが果たして…。(つづく)
posted by BSC at 01:05| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

果報は寝て待て

65号、無事入稿完了しました。
配布開始は早ければ今月28日になりそうです。(予定ですので遅れが生じるかもしれません)

今号で本年度のLitmass編集は終了しました。今後は来年度に向けての準備をしていく事になります。来週月曜日には会議をし、これからの方針を決めていきます。会議の結果は後日お知らせする予定です。
それではまた…
posted by BSC at 13:19| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

まもなく完成、65号

はじめまして、J研1年のBSCです。
ここ最近のJ研は、閉門間際まで残り編集作業に追われる毎日でした。明日が入稿日ですが、なんとか間に合わせる事が出来そうです。メンバーの頑張りもあり、渾身の記事に仕上げられるのでは、と思います。
配布予定日、後日談などは後程お伝えします。
ではまた。m(__)m
posted by BSC at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

もうすぐ開通

ブログ背景のような月が見られる今日この頃、65号の記事内容がまもなく出揃います。次回もバラエティに富んだ内容になりそうです。

さて、このブログの更新も部員宅のパソコンや携帯電話から行っていましたが、まもなくジャナ研にもインターネットが開通します。今週中には会室からの更新で、ブログをお届けできそうです。編集の模様もリアルタイムでお伝えできると思いますので、適時ご覧あれ。では、また。

PS.没ネタ、お蔵入りのネタの紹介もあるかも……
posted by QED at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

65号に向けて

夏休みは終わりましたが、ジャーナリズム研究会の面々は相変わらず。以前とと同様、昼休み、放課後にサークル室で集まりあーだこーだ、和気あいあいとしています。

リトマス64号は夏の間にずいぶんと手にとっていただいたようです。在庫もそう多くないので、まだ読んでいない方は早目に各学部の事務室へどうぞ。


さて、現在のジャーナリズム研究会は、リトマス65号の制作に着手しました。発行は11月中旬を目指しています。正確な発行日が決まり次第、またお知らせします。


次号のリトマスに「こんなことを書いてほしい」「あの話題が気になる」「前号の記事の続き読みたい」など要望・批判ありましたら、ぜひコメントください。また、新入会員も引き続き募集しています。

最後に、前号についてコメントをくださったsteinさん、ありがとうございました。この場を借りてお礼を申します。次号のリトマスもよろしくお願いします。
posted by QED at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

Lit-mass64号

 はじめまして、ジャーナリズム研究会1年生の流長閑離と申します。大学はテストやらレポートやらで忙しない時期ですが、自分は一抜けたので書き込み兼宣伝しておきます。

 予告していましたLit-Mass64号は配置を完了し、主に大学の事務室前で絶賛配布中です。数が限られていますのでお早めに。バックナンバーが読みたい方はJ研会室までご連絡ください。

 また、記事を読み興味を持ってこのサイトにいらした方、ありがとうございます。よろしければ、コメントに一言残していただけたら幸いです。

 短いですが、本日はこのあたりで失礼します。
posted by QED at 00:03| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

ひとつ

 打ち上げ、おーわった!!
毎回、不思議な飲み会になっていますが、笑い声が絶えることがない飲み会でもありました☆

前期に残された活動は、リトマスの配置のみとなりました。

ところで、僕はおしゃべりな男は嫌いです。しかし、好き嫌いだけで、生きれるほど世の中甘くはないのです。



 正直に申し上げて、4月の新歓時期、当サークルの存続は極めて不透明なもでした。相次ぐ脱会者、後継者の不在、不安材料の山、山、山・・・。

 3年生の僕は最期のあがきと覚悟して、とにかく楽しいサークルづくりだけを心がけ、1年生の勧誘、その後の計画の策定、実施の呼びかけ、その他もろもろやってきました。そして、全てにわたって1年生は予想をうわまわる活躍をしてくれたおかげで今日のJ研があります。

 後期には後任役員の選出、事務手続きやスキルの引継ぎ等、重要な仕事が控えています。もちろん、それらを確実に成すことは編集長として当然の責務であります。しかし、J研が存続している今、自分勝手に背負った僕の役目は終わりました。

 僕は当サークルの存続のために、活動にゆとりを持たせることにに固執しました。ただ、辞めていった人は、サークルが楽しくなかったから辞めたのだと分析し、どうすればサークルとして楽しくなるか考えてやってきました。その評価は下級生が来年以降、行動で示してくれるでしょう。もしかしたら、方針を真っ向から否定すかもしれませんし、いいところだけ取り入れるかもしれません。


僕からのアドバイスはひとつ。

 ただ雑誌を発行しているだけのJ研、ジャーナリズムという名に拘泥しているJ研はいつか、本当に誰もいなくなってしまう。気軽にメンバーが会室に集まって話せる雰囲気をまずは維持していかなければ、何の魅力もない、何の意味もないサークルになると思う。

僕の願いはひとつ。

 1年生が就職活動の合間を縫って顔を出してくれた4年生に会い、
その後、こういう感想を僕に言ってくれました。

「かっこいいっすね。」

 その通りだと僕も共感できる。
1年生はそんなかっこいい先輩、大学生を目指して大学生活を楽しんでほしい。

 今まで当ブログや話し合いにおいて、J研についていろいろ放逸に見苦しいことを述べてきましたが、ひとつの任を終えた今、今回をもって終わりにします。今までありがとうございました。そして、もうしばらくJ研の後世のために職責を全うさせていただきます。

では、またいつの日か
posted by J研メンバー at 02:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

偶然の進化

 リトマス64号、入稿できました。

計画ミスで予定が1日ずれこみました。
一時はどうなるかと思いました。
しかーし、そこはみんなで協力して苦難をのりこえました。

今号はちょっち薄くなりそうですが、
その過程には十分すぎる価値があったと思います。

環境づくりはその中でも大きな成果でした。
日頃から1年生が会室を頻繁に利用し、上級生も暖かく見守ってくれたからこそ、お互いに気兼ねなく意見を言い合える環境が生まれました。

環境が整った今、仕上がった後に行う反省はもちろん、今後の活動で壁にぶちあたった時、それらを前進する力に変えていくことが本当の大仕事です。

なぜなら入学生と卒業生が入れ替わる学生サークルである以上、デザイン、文章構成、リトマスの意味づけ等は不変でなく、常にベターなものを求めていかなければ低きに流れてしまうからです。

まあ僕の場合、楽しく活動できればすべてよしってことに帰結するんですけどね。
今回は本当に楽しい活動でした♪

じゃんじゃん
posted by J研メンバー at 00:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

虚空に願いを

 ただ今、リトマス64号編集中です。

会室はまさにバトルフィールド。
連日、己の体力、知力の限界を超えた激しい意見の応酬が!
そして殺ばつした雰囲気がついに最悪の事態を招く!

というのが相場なんでしょうが、当サークルは4月以来、いつもと変わらずゆっくりと楽しい時間が流れております。

何を隠そう、全て私、編集長が元凶です。
勝算なんてございません。
今あるのは表紙、背表紙、全体で完成度5割にも満たない記事のデータのみ。

締め切りは来週の月曜、果たして間に合うのか?
次週を待て!ヽ(゚Д゚)ノ
posted by J研メンバー at 21:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

1年生へ

 今日、会室の模様替えをいたしました。

手伝ってくれた1年生の方、GJ! ( ^ー゜)b 

3月にも整理をしたのですが、今回はネット接続の準備のためです。
(ネットが通じるようになるのは未定)

私は疲れというより、驚きでいっぱいです。
まず、模様替えは1年生の発案であったこと。
そして、1年生が手伝ってくれたこと。

包み隠さず申し上げれば、当サークルはお世辞にも1年生におススメできるサークルではございません。なぜなら、1年生には大きな荷物を背負わせてしまうからです。

それでも、自らの力で現状を変えていこうとし、互いに荷物を支えあって背負っていこうとする姿は、本当に素晴らしい姿だと思っています。

これからもバカを言い合いながら、おかしなサークルを一緒に楽しみたいです。

編集長より
posted by J研メンバー at 00:09| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

閃光

会室が新入会員でにぎやかくなってきた。

えーそりゃあもう、とてもいいことです。

ただ、野郎ばっかなんすよ。

つまり気がつけば、男祭りに!

ただ肉体派は皆無なので、何となく安心ですね d(>_・ )

でも合宿に行くとしても野郎ばかり。
さすがに男共の一部から不満が噴出。

しかしよく考えて欲しいのです。
だからといって温泉を、海の幸の船盛りをあきらめていいのかい?、と。

個人的な意見はさておき、
合宿の段取りもわからず、雑誌作りを合言葉に男祭りは続くのです。
posted by J研メンバー at 21:53| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

スタート!

 昨日、新歓コンパが無事しゅうりょ〜、と。

新入会員の方は初めての場ということで緊張していたようですが、
楽しい時間をすごせたのではないのでしょうか。

それにしても思ったよりたくさんの方が入会してくれて
メンバー一同驚いております。

活動の幅もぐっと広がりそうで、
何をしようか、あれこれ迷ってしまいます。
まさにうれしい悲鳴とはこのこと♪

とりあえず、雑誌作りはちゃんとやらなくてはなりません。
どんなリトマスになるか、ワクワクです。






posted by J研メンバー at 20:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

4月26日(水)PM6:00〜 4417

 あなたが主役になれるサークル、ジャーナリズム研究会!

新歓コンパを4月26日(水)午後6時より旧サークル棟、会室4417にて行います。

ジャストッ、1週間後です。
そこで、来る前にみなさんが必ず思うであろう疑問にお答えしましょう!

Q「どんなサークル?」

A「アズ・ユー・ライク!」


会室で雑誌作り!
会室で料理対決!
会室で音楽を聴きながらティータイム!
会室に来て、メンバーとおしゃべり!

会室にくるには、時間も体力も要ります。
でもでも、それだけで大学生活はきっと楽しくなります。

今しかできないこと、我々と一緒にLet's Begin!!!!



posted by J研メンバー at 21:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

まだまだ募集

 あなたの人生を変えてしまうかもしれない公認サークル、ジャーナリズム研究会!
 
 新入生の方、2年生の方、ジャーナリズム研究会は新入会員まだまだ募集ですよ!

「いろいろサークル見てまわったけど、何かいまいち。」

「もう一つぐらいやってもいいかな。」
 
「アットホームな雰囲気ですって信用できるか!」


みんなまとめて面倒みてさしあげます。
さあさあ、こちらオペレーターを100人用意して対応しておりますが、ただいま連絡が殺到しています。同時に苦情も殺到しております。
くれぐれも深夜の場合はおかけ間違えのないように。

我々、雑誌制作しているサークルです。飲みサーでも合コン推進サークルでもありません。くれぐれもお間違えのないように。

そういうことで、4月の最終週に新歓コンパを行う予定です。
近く詳細をお伝えできると思います。大学生活で困ったこと、わからないことをちょっと聞きにきてもよし、夕飯を食べにくるもよし、よろしくお願いします。



posted by J研メンバー at 23:13| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

新入生、まだ見ぬ君へ 〜その意義〜

 当サークル、ジャーナリズム研究会をシリーズでご紹介してきましたが、今回が最終回です。今回は私の個人的な体験談をお話させてもらいましょう。

 私はこのサークルに2年生の春、入りました。1年生のときはサークルに対して、ある種の不安があったため、どこのサークルにも所属していませんでした。ある種の不安とは、ほかの人とうまくやっていけるのか、能力が不足しているのではないか、というものでした。
 しかし、せっかくの大学生活を楽しみたいと、一念発起し、このサークルと出会いました。

 実際に入ってみると、それまで私が抱いていたサークルのイメージを払拭してくれるかのように、先輩方は親切にしてくれました。その分、私も何か役に立とうと編集技術の向上や会室の環境整備に努めました。昨年12月には講演会の準備にも携わらせてもらいました。全ては先輩方が築きあげた当サークルを包む暖かい雰囲気があったからこそできたのです。

 ところで、まったく苦労がなかったかというと、そうではありません。少人数サークルゆえ、会員集めには今もなお、苦戦していますし、思うようにならない点もあります。

 そんな風に反省と喜びを繰り返し、最近自分がこのサークルに入った意義を見つけれました。当初望んでいた、ただ楽しいだけではない意義です。

 完全なる私見ですが、これを読んでいる新入生またはサークル未入会の2年生の方はぜひとも、サークル活動をすることをおススメします。そして運命の出会いを通し、今まで手にしたことのない、何かをつかんでください。

 
今日のまとめ
 
ほかのサークルもいいけど、J研もね!


興味を持った人はこちらへ

→出店で説明
 4月7日
 生協1階学食、売店入り口付近
 「雑誌制作」とかかれた看板が目印!

→リトマス63号
 各学部事務室前に配置 
 無料ですよ!

→会室
 旧サークル棟4417
 誰もいなかったら扉前のカードに連絡先を!

もちろん、このブログに書き込んでもOK。あなたはどんな大学生になりたいですか?迷ったら、私どもがそのヒントとなるかもしれません。

SEE YOU!
posted by J研メンバー at 20:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

新入生、まだ見ぬ君へ 〜メンバー〜

 当サークル、ジャーナリズム研究会の紹介、第3回目の今日はどんな人たちがいるの?っていうあたりをみてみましょう。

 現会員数 7名
 
 4年生 女性 1名 男性 1名
  (− ↓実動メンバー −)
 3年生 女性 2名 男性 2名
 2年生 女性 1名 男性 0名 

 えっ、これだけ!?
と感じるでしょうが、事実です。端的に言って、当サークルは後継者に大きな不安を抱えているのです。

 しかし、サークルがつまらないものかというと、話は別です。少人数だからこそのよさがありますし、普通のサークルでは味わえない経験ができる面があります。何より、現会員は屈強な精神力の持ち主であり、魅力あふれた方々という点が持ち味の1つであります。

 新しく入っていただいた1年生はもちろん2年生には、全力で後々困らないよう教えることは教えますし、余裕をもった活動スケジュールを組みます。最終的には、このサークルを新しく生まれ変わらせてほしいのです。

 何度も言うようですが、心配は要りません。頼もしい先輩方が楽しく全力でサポートいたします。現在、雑誌作りだけが主な活動ですが、来年度は合宿やブログ更新、毎週の討論会に飲みなど、もっと力を入れて活動しようと計画しています。
 
 
今日のまとめ

あなたが主役になれるサークルです


 
興味を持った人はこちらへ

→出店で説明
 4月5日・7日
 生協1階学食、売店入り口付近
 「雑誌制作」とかかれた看板が目印!

→リトマス63号
 4月3日から各学部事務室前に配置 
 無料ですよ!

→会室
 旧サークル棟4417
 誰もいなかったら扉前のカードに連絡先を!

もちろん、このブログに書き込んでもOK。掛け持ちでもまったく問題ありませんから、よろしくどうぞ。
CIAO!

 
posted by J研メンバー at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

新入生、まだ見ぬ君へ 〜会室〜

 今日は雑誌制作ジャーナリズム研究会紹介の第2回目。
どんな場所で活動しているのっていうところを説明しましょう。

 活動の拠点は旧サークル棟(Cスクウェアの隣)3階、4417にある会室です。
 今号のリトマスにも載ってますが、主な設備は以下のとおり。

1.冷暖房完備
公認サークルならではの強み。1年中快適に活動できますね。

2.パソコン(2台)&プリンタ
当サークルの活動のコアであり、最大の武器。急な各種レポートの作成に対応できますよ。

3.瞬間電気湯沸かし器
温かいコーヒー、レトルトなど会室での食事には困りません。

 室内もまあまあ、きれいですし、自習室としてもつかえます。やや不完全ではありますがセキュリティーも整っているので、荷物置き場にもなります。

今日のまとめ

会室はあなたのために使ってください、4417


 
興味を持った人はこちらへ

→出店で説明
 4月3日・5日・6日・7日・8日
 生協1階学食、売店入り口付近
 「雑誌制作」とかかれた看板が目印!

→リトマス63号
 4月3日から各学部事務室前に配置 
 無料ですよ!

→会室
 旧サークル棟4417
 誰もいなかったら扉前のカードに連絡先を!

もちろん、このブログに書き込んでもOK。2年生の方も大歓迎!
CIAO!


posted by J研メンバー at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。