ジャーナリズム研究会は雑誌『リトマス』を作成、発行している中央大学のサークルです。
『リトマス』の発行は入学式、夏季休暇前、学園祭、冬期休暇後の年4回です。
サークル棟入口、Cスクエア入り口、各学部事務室前、食堂2Fにて無料配布しております。
また、新入会員を常に募集中です。中央大学の学生であれば、学年は問いません。
自らの手で雑誌を作る、ということに興味がある方は、右記のメールアドレスへご一報ください。
取材・広告などのご相談もお待ちしています。お気軽にどうぞ!

2014年10月07日

学祭号に新田恵海さんのインタビューを掲載します!

nitta_jk_sseisan_gentei.jpg

当会が10/30(木)に発行する、フリーペーパー『リトマス』の学祭号(96号)に、
9月にアーティストデビューされた大人気声優、新田恵海さんのインタビューが掲載!

1stシングル「笑顔と笑顔で始まるよ!」のかわいらしいMVの撮影裏話をはじめ、
地元・長野への愛や、これからの自身の活動に対する想いなどを語っていただきました。
今まで誰も知ることのなかった、新田さんの意外な一面が見られること間違いなし!

10/30(木)〜11/2(日)に開催される、白門祭の期間中に配布いたしますので、
学外の方にも是非お手にとっていただければと思います。

※白門祭に関しては以下のサイトをご覧ください。
http://hakumonsai.com/
 
posted by J研メンバー at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

大衆の見るオリンピック

現在開催中のトリノオリンピックで、日本選手らは今のところ際立った活躍をみせることがなく、日本の獲得メダル数は0ではないか、という予想をする人まで出てきています。

個人的にはマスコミ、テレビや新聞の過剰な期待が今回の低迷をより色濃くしてしまったような気がするのです。時代錯誤を承知の上で、非国民とカテゴライズされると思うのですが、日本の次回オリンピック時の選手はもちろん、報道のあり方にもいい薬になったというのが自分の率直な感想であります。

マスコミだって旬の話題をとりあげずして、何がマスコミの役割だという見方はもっともですが、失望感を招かないような報道の仕方はないものでしょうか。例えば、外国人選手と比較してその選手の長所と短所を分析するといった見せ方とか。

いや、メディアリテラシーというのですか、自分もそこまで詳しく見ていたわけではありませんから報道の、情報の受け取り方に問題があったかもしれません。単に新聞やテレビに露出が多かったというだけで、すごい選手だなという稚拙な認識を重ねてきたことは否定できないのです。

そう考えると、自分も作られた大衆一般以上でも以下でもないことがわかり、同情すべくはそんな大衆の期待を背負う宿命にある選手の方々ということになります。つまり今回は前回アテネオリンピック時の日本の大衆の反応と逆でありながら、実は大衆のまったくもっての身勝手さがその根底にあるのではないかという結論に達してしまいました。

大衆なら大衆らしく素直に楽しもうという姿勢になると、スノーボードクロスという新競技に目が釘付けになりました。抜きつ抜かれつの激しいレース展開とクラッシュによる大逆転劇にすっかり魅了されたのであります。次回の冬季オリンピックが楽しみです。

新しい文の調子に手ごたえを感じながらも、このブログにおいてはるかに重要な別の変化が必要な気がしつつ、それは末代までの秘密にして今回の報告は以上です。





posted by J研メンバー at 21:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

GripBlog

 みなさんは泉あいさんという方をご存知だろうか。泉さんは日本で数少ない一時情報(警察発表や会見等の二次情報に頼らない当事者からの生の情報)を取材するブロガーだ。彼女の運営するブログGripBlog〜私が見た事実〜には、ひたすら現場で取材し続けた記事が並んでいる。これまでの取材実績は新潟中越地震現地レポ、自民党主催の懇談会レポ、民主党の前原代表への取材レポ、記者クラブの取材レポなどだ。一つ一つの記事には質問内容と回答が克明に記されていて、その場の雰囲気が良く伝わってくる。テレコを使って取材しているそうだが、テープを文章に起こしてそれをブログに書くという作業はとても骨が折れると思う。しかも驚く事に彼女はプロの記者でもフリーライターでも何でもない。まさしく普通のアマチュアブロガーなのだ。取材を行うという行動力にも、それを僕たち読者に一字一句細かく伝えてくれる誠実さにも、本当に頭が下がる。そして彼女のブログがとにかく凄いのは、取材過程への読者参加を実現させたという事。何と取材者への質問内容や、一緒に参加する人までブログ上で募集しているのだ!これは新聞やテレビの記者にはまず真似出来ないことだ。
 僕は泉さんの試みはとても面白いことだと思う。韓国にはオーマイニュースという市民記者が活躍するインターネット新聞があるが、オーマイニュースがブレイクするきっかけになったのは、オーマイニュース発の独自ニュースを既存メディアが追いかけるようになったからだ。同様に、泉さんがGripBlog上で取材した記事を既存メディアが後追い取材すれば、GripBlogは本格的にブレイクするだろう。既存メディアの影響力をブロガーが上回る──。そんな夢のような事が現実味を帯びつつある。泉さんは現在新しい報道機関の設立に向けて精力的に活動している。彼女は現在サポーターを募集中だ。みなさんもこれを読んで少しでも興味を持ったら是非力になってみたらどうだろうか?僕も結構興味あります。
 
posted by J研メンバー at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

不当逮捕

ルポライターとかノンフィクションライターになりたい!
と思ったことは特別ない。

しかし、本田靖春氏の「不当逮捕」みたいな本を読んでしまえば
話は別である。この本では、本田氏の先輩であり、
読売新聞社会部のエースであった立松和博記者の栄枯盛衰が描かれている。

特に「誤報」を発してからの立松の記者としての堕落、
人間としての堕落。その人物描写は群を抜く。そして切ない。

まさに20世紀ノンフィクションの金字塔的作品である。

やはり、今の時代に求められているのは上質なルポルタージュ
なのかもしれない。Factだけを積み重ねることで自分の主張を
訴えられる記者になりたい。
指導的ジャーナリストや評論家かぶれのジャーナリストなんか
まっぴらごめんだ。


☆今日の1曲
Neil Young / A Man Needs A Maid
posted by パンクSAMURAI at 11:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

<ブログ>オタク「きもい」の表現で企業謝罪

昨日の記事なんですが、「オタ」「きもい」ーースタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動にという記事を発見。
事の発端は8月12〜14日に開かれた「コミックマーケット」です。そこに出店していた「ネイサンズ」というホットドックチェーン店のアルバイト店員が、実名で運営していたブログに「みんな頑張ってバイトしています!まぁお客はみんなオタ」「大量オタ。これがぶぁぁぁぁあっているの。恐い!きもい!」などと写真付きで記事を掲載。これを読んだユーザーが「客をばかにしている」などと掲示板などで反発。結果、大量のクレームが寄せられて代表取締が謝罪するという事態に発展しました。
で、今回の事件に威力を発揮したのがやはり2ちゃんねる。ちょっとネットを漁ると、まとめサイトや問題ブログのミラーが瞬く間に発見出来ました。作者はブログを削除したそうですが、怖いですね〜。一応リンク載せておきます。
ネイサンズ店員ヲタ罵倒事件 まとめサイト
http://www.geocities.jp/hotdog_bolg/
問題のブログ(ミラー)
http://www.geocities.jp/hotdog_bolg/bloglog/1.html
http://www.geocities.jp/hotdog_bolg/bloglog/2.html
まあいくら匿名とは言えど、発言にはきちんと責任を持たなければならないということでしょう。海外では会社の事を批判した社員が解雇されたり、ブログを巡ったトラブルがたくさんあるらしいですね。ブログによって個人の情報発信がより容易に、そして広範にわたるようになった分、情報の出し入れには十分注意しなければと思わせる良い例でした。リテラシー教育はやっぱり大事だなぁ。
ネイサンズの謝罪コメント
http://nathans.co.jp/top.html
posted by J研メンバー at 19:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

メイドイン上海

みなさんお久しぶりです!私は現在
上海に滞在して一週間になりました。
この間にディスカバリーの帰還、
衆議院解散、など日本情勢を
こちらで見ていました。
私はディスカバリーのニュースが
とても気になっていたのですが
(宇宙だいすき黒ハート
当然と言うべきか、あまりクローズアップ
された報道は無かったですね。
野口さんのインタビュー等は
日本では報道されたのでしょうか?

一方、郵政民営化の否決の瞬間は
繰り返し放送されていました。
この季節、小泉氏は注目の的ですね。
靖国参拝についてどう感じるか、
中国人の方達に尋ねると
日本人や日本国に対してというよりも
小泉氏に対しての不満の声が大多数でした。

今日、上海市内をバスと地下鉄で通りましたが
特に身の危険は感じませんでした。
日本のテレビ報道は一部の過激な反日デモを
繰り返し流して、視聴者の不安を煽ってるだけですね。
実際、こちらにいても普通に生活できてます。

日本が恋しいあせあせ(飛び散る汗)そのいち 
夏バテなのか、食べ物が合わないのか、
体調が芳しくない…そうめんがたべたい

そのに
ジャンプが読めない

あと2週間の滞在です。その間に
また書ければいいなあ。
ではまた!


posted by シャム at 16:25| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

21世紀の国連と日本 常任理事国入り問題

 国連は平和のための機関だ。創設から60年。国連の集団安全保障の機能は形骸化しつつある。冷戦崩壊後、世界で唯一の超大国となったアメリカが国連の勧告を振り切り、イラク戦争に踏み切ったのはその象徴的な出来事であった。
 国連の無力化が叫ばれる中、今年3月、アナン事務総長が国連の改革案を発表し、常任理事国の拡大を打ち出した。常任理事国入りを狙う日本にとっては願ってもないチャンスとなった。だが新たな常任理事国には現常任理事国が持つ特権でもある「拒否権」は与えられない。日本は必ずしも拒否権に固執していないが、日本と同じく理事国入りを目指すインドは拒否権の付与を強く要請するなどG4の中でも意見の食い違いもある。
さらに歴史問題などで日本との関係が悪化している中国、韓国は日本の理事国入りに反対を表明し、頼みの綱であるアメリカも国連の改革には消極的だ。そういった流れの中、国際社会の中で日本という国はどうあるべきなのか、日本に出来ることは何かをいま一度考えたい。
 国連の集団安全保障が機能しない理由は拒否権にあるといえる。何かを決議する際に、拒否権を持つ国同士が対立して機能マヒに陥りやすいためだ。しかし拒否権を廃止することは簡単にできない。大国が国連に残るのは、国連の外で自国に不利な決議がされるのを眺めるよりも、拒否権を行使した方がよいと考えるからだ。アメリカに限らずこの既得権を守ろうとするのは国家の本能ともいえる。この拒否権問題が解決しない限り、本当の国連改革は進まないのではないだろうか。
 拒否権も与えられず、憲法9条の観点から集団的自衛権も行使できない。その中で日本が常任理事国入りを果たせば何が起きるのだろうか。まず、世界中の多くの国と同じように軍隊を派遣できるようにと憲法改正論議に拍車がかかるだろう。同時にそれは戦後日本が築いてきた平和ブランドを放棄することになる。戦後、憲法9条が果たした役割は大きい。いまでも紛争の激しい地域からは戦争放棄を謳った9条は尊敬の念を集める。日本には世界の先頭に立って本当の平和とは「力による平和」ではないことを示してほしい。


☆今日の1曲
ソウル・フラワー・ユニオン / 極東戦線異常なし!?
 

posted by パンクSAMURAI at 22:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

忙しすぎるとなんか元気になってくる自分

更新さぼっててすいません!やっぱり部屋にネット環境がないっていうのは
厳しいですね…近いうちなんとかしますふらふら
さーてさて、昨日は会議でしたね。色んな案が出てきて、それに触発されて自分も
がんばろーexclamation×2と思いましたパンチにしても昨日のへんしゅーちょーは熱かったいい気分(温泉)
自分の予定記事は…前回に引き続き痛さがにじみ出てますね…たらーっ(汗)

今日はマスコミの論作文添削講座の第1回目でした。情報をくれた先輩方、ありがとう
ございました!まだ2年で何していいのかわからない現在、有意義に過ごせそうです。
ほぁ〜!!ドコモ提供

あぁ…なんか眠くなってきたので、flatでコーヒー飲んできまーするんるん
posted by 田舎女 at 14:07| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

オススメ映画

 はじめまして。金曜コラムを担当してまいりますパンク侍だす。
金曜コラムではマニアックな音楽ネタ&サッカーネタ&時事ネタを
中心にぼやいていこうかなと思ちょります。

 
 反日デモがすごい。シャレにならん…
シャレにならないのはデモ自体ではなく日本のどうしようもない反省のなさだ。
歴史を歪曲した教科書を作って、愛国心ある子供を育てる教育して、
平和憲法も変える。そんでもって首相は平然と毎年、靖国参拝と始球式。
いや〜この国ってなんてクレイジー&ファックなのかしら!!

 
 そんな怒りに満ちあふれてるそこのアナタに一本映画をご紹介。
綿井健陽監督「Little Birds イラク戦火の家族たち」
http://www.littlebirds.net/index.html
綿井氏はビデオジャーナリストであり、この映画も実際イラクでの取材を通し、
戦場を伝えている。綿井さんが作ってるわけだから相当おもしろいはず。
ただ、この映画は綿井さんの目に映ったものであり、
綿井さんの主観によって切り取られた映像のつなぎ合わせに過ぎない。
そこらへんは差し引いて見たい。来週公開。



☆今日の1曲
The Who / Doctor,Doctor
posted by パンクSAMURAI at 02:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

万博弁当持ち込み可へ

万博の弁当が家庭調理に限り持込可になりました。
1日から弁当持ち込みOK 万博協会、家庭調理に限り(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050331-00000156-kyodo-soci

すごい、昨日の今日だ。何と言う対応の速さでしょう。
でもだったら最初から持ち込み可にしろって話ですけど・・・。
恐らくこのまま弁当を禁止し続けると観客動員数に影響が出るとでも思ったんでしょうか

まあこれで取材にも行きやすくなったし、結果オーライということで。

あ、昨日の食事の○ッタ○リについてですが、一部デマもあるそうです。
【愛知万博】飲食物が高い「デマ」に注意!【ボッタクリ!?】

まあ実際行って確かめてみないと何とも言えないかな・・ε-(^。^;)
posted by J研メンバー at 19:59| Comment(0) | TrackBack(12) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知万博弁当解禁!?

どうも、中央大学ジャーナリズム研究会某二年男のキャンペーンです。
初ブログ、いささか緊張してますあせあせ(飛び散る汗)
一応このカテでは時事ニュースやジャーナリスティックな話題に触れていきたいと思うのでよろしくお願いしますexclamation
それでは記念すべき初回は愛知万博に関するこのニュースです。

続きを読む
posted by J研メンバー at 03:13| Comment(1) | TrackBack(6) | マスコミ、ジャーナリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。